不用品回収を依頼して、処分に関する悩みも物も回収してもらおう

流れ

不用品処分の今までの流れをまとめると

不用品処分の歴史はかなり古いです。古くはちり紙交換や金属の引き取りといったものが始まりになるでしょう。その後日本の経済成長とともに、家電製品が各家庭に普及してきたこともあり、現在ではそのような家電製品からダンスやベッドといった家具、時計や貴金属といったアクセサリーまで幅広いものが不用品処分の際に価値がある有価物として引き取りがされています。引き取られたものは中古品として市場に出回ったり、また分解されて中の素材がリサイクルされることもあります。日本国内だけではなく、中国などのアジア諸国にマテリアルリサイクルとして輸出されているものもあります。また、そのようなマテリアルリサイクルが中国の環境を汚染しているということで、現在では積極的に輸出するのは控えようといった動きもあります。

不用品処分の今後の行方は輸出にある

今後の不要品処分の動向としては、国内でのマテリアルレベルの循環では需要に限りがあるため、中国やロシアといった諸外国への輸出が一層盛んになっていくと予測されています。条約によって公害の原因となるような素材の輸出は規制があるものの、中古の自動車や中古の家具といったものは、日本製は程度が良いものが多いため人気あるのも事実です。各国の公害規制によって変動はあるものの、今後はより一層諸外国への輸出といった動きが広がっていくでしょう。したがって不用品処分を業としておこなうにあたってはそのような動きを踏まえ、国内での不用品処分ニーズにこたえていくだけではなく、諸外国からの輸入ニーズにも答えていくような取組み、取引の流れを作っていくことが各事業者の生き残り策となるでしょう。